仮定法

 仮定法とは実際に起こりそうにない出来事や事実と異なることを「もし~ならば」と想像して言うときの言い方です。。

TOEIC出題頻度が高いのは仮定法(現在)、仮定法過去、仮定法過去完了の3つ。これをおさえておけば短期スコアアップに繋がります。





【仮定法(現在)】

意味:「もし~なら、・・・するでしょう」というように、未来の出来事を仮定します。

例:If it is nice weather tomorrow, we will play baseball.(もし明日がいい天気なら、野球が出来るでしょう。)



ポイント:未来形なのに、If節には現在形を使います。



仮定法過去完了の形












If節 主節
If.. 主語 + 現在形 ~ ,  {will} + 動詞の原形





【仮定法過去】

意味:現在の事実と違うことを表す場合に仮定法過去を使います。

例: If I were you, I would ask him for a date. (もし私があなたなら、彼をデートに誘うでしょう。)



※動詞に過去形を使うので仮定法過去というが現在の事実・状況を表します。



ポイント(カンマ(,)で区切られているIfが入っている文Ifのない文における動詞の形を知ること。



仮定法過去の形












If節 主節
If…{過去形、were} ~ ,  {would, could might,} + 動詞の原形





【仮定法過去完了】

意味:「もし(あのとき)~だったら、・・・だっただろう」というように、過去の事実と違うことを表します。

例:If we had hurried, we could have caught the train.(もし急いでいたなら、電車に乗れていただろう。)



仮定法過去完了の形












If節 主節
If…had + 過去分詞 ~ ,  {would, could might,} + 動詞の原形





仮定法のまとめ











































仮定法現在 用法 現在・未来についての仮定・想像を表す
文中の動詞の時制 原形(現在形)
例文 If I know about it, I will tell him.
仮定法過去 用法 現在の事実に反することを仮定・想像・願望する
文中の動詞の時制 過去形(be動詞はwere)
例文 If I were rich, I would make a trip round the world.
仮定法過去完了 用法 過去の事実に反することを仮定・想像・願望する
文中の動詞の時制 過去完了形(had + 過去分詞)
例文 If I had known your address, I would have written to you.