時制の働きを知る

文章の「時」の違いを動詞の形を変えることで表わします。この時の表し方を時制といいます。
時制は主に現在時制、過去時制、未来時制、現在完了、過去完了、未来完了の6つがあります。

時制を理解するコツはどの時間を表しているかイメージすることです。特に完了形との関わりを理解すれば全体像が掴みやすい。以下の表を覚えましょう。

※時制のイメージ図

【現在時制】
現在の状態や習慣的な動作などを表します。動詞の原形を使いますが、主語が3人称の場合は原形に-(e)sがつきます。

例: My father walks in the park every morning. (私の父は毎朝公園を歩きます。)

【過去時制】
過去の動作・状態などをあらわし、動詞の過去形を使います。文中の過去を表すキーワード(yesterday,last day)などに注目すれば過去時制の見分けが出来ます。
例: He looked happy yesterday.(昨日彼は幸せに見えた。)

【未来時制】
未来の時点における出来事や、これから起こる予測を表します。will、be going toを動詞の前におき未来形が形成されます。文中の未来を表すキーワード(tomorrow, next month, soon)などに注目すれば未来時制の見分けが出来ます。
例: I will be seventeen years old next month. (私は来月17歳になります。)

【現在完了】
現在完了は過去のある時点から現在までのつながりを表します。have(has)+過去分詞で表します。キーワード(since, for)などに注目して見分けられます。
例: I have known her since she was a child. (私は彼女が子供のころから知っています。)

【過去完了】
過去完了は過去のある時点までの継続、経験、完了を表します。形はhad+過去分詞。過去完了を表すキーワードはthat timeです。また、文中で従属節を形成し、主節の過去形と共に用いられることが多いです。

例: He had seen her three times by that time. (その時までに彼は3回彼女を見た。)

【未来完了】
未来のある時を基準にして、その時までの動作や状態の継続・経験・完了を表します。will have + 過去分詞を使います。
例: I will have written my first novel by next month. (私は来月までに最初の小説を書き終えているでしょう。)